カナガンドッグフードの口コミと効果

カナガンドッグフードとは?特徴を徹底解説

大切なワンちゃんに与えるドッグフード選びは、愛犬家の方々にとって非常に悩むところですよね。

店頭にはたくさんの商品が並び、通信販売なども含めると1つに絞るのは難しい...。

しかし、忘れてはなりません。

ドッグフードで重要なこと…それは「質」です!

理想的なドッグフードとは

*画像【必要な栄養素がバランス良く配合されていて、ワンちゃんがすすんで食べたくなる】

それこそが究極のドッグフードと言えるでしょう。

本来犬は肉食の動物でしたが、人間との共生の中で徐々に雑食へと変化していったと言われています。

とは言え、今でも肉食性の強い生き物です。

それなのに肉の割合が少ないフードを食べていては、身体に与える影響は決して良いものとは言えません。

本当に愛犬の身体のことを考えるのであれば、ペットフードには上質な肉をたっぷりと使った“本来ワンちゃんが求める上質の食事”を与えなくてはなりません。

そんな理想を具現化したドッグフード…それがカナガンドッグフードです!

*この記事は2分で読めます。

カナガンドッグフードが話題の理由

愛犬家の間で今話題のドッグフード、それがカナガンドッグフードです。

しかし、何故それほどまでに注目されるのでしょうか?

その理由をカナガンドッグフードの特徴から見てみましょう。

 

カナガンドッグフードの特徴

などが挙げられます。

やはり、ワンちゃんの健康を考えたドッグフードであることが一番の特徴であり話題の理由ですね。

そして、ペットフードの規制が厳しいイギリス産の最高級ドッグフードであることも人気の秘密でしょう。

ただ、マイナス面が無いわけではありません。

アレルギーが少ないとありますが、チキンアレルギーを持っていれば反対に危険となってしまいますし、栄養価が高い分ダイエットしているワンちゃんには不向きとなります。

 

栄養成分とカロリー

カナガンドッグフードに含有される栄養成分とカロリーを見てみましょう。

栄養成分の詳細は、後述する「カナガンドッグフードの全成分」で詳しくご紹介します。

カナガンドッグフードはイギリス産ではありますが、ここでは日本で広く知られるAAFCO(米国飼料検査官協会)の栄養基準との比較で確認します。

当然FEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)の栄養基準はクリアしているのでご安心ください。

なお、AAFCOに基準がない成分はここでは割愛しますので、後述でご確認ください。

 

カナガンドッグフードに含まれる栄養成分とAAFCO基準の比較

※カナガンドッグフードの( )内数値は、AAFCOの栄養基準である乾燥重量と合わせるために算出した数値です。

見て分かる通り、AAFCOの栄養基準も全てクリアしています。

 

カナガンドッグフードのカロリー

カナガンドッグフードは、チキンの使用量が多いことから高タンパク・高脂質なドッグフードです。

通常グレインフリーなどのドッグフードになると、カロリーが380 kcal~420 kcalと高カロリーになるものです。

カナガンドッグフードの場合には376kcal/100gとなり、低カロリーとは言えませんがそれでもヘルシーな方であると言えるでしょう。

カナガンドッグフードを食べて十分な運動が出来れば、逞しく健康的な身体になれるでしょう。

 

粒の大きさや形状

カナガンドッグフードの粒の大きさや形状はどうでしょう。

カナガンドッグフードの特徴としても挙げられるように、その粒は1㎝ほどの小粒タイプでドーナッツ形状をしています。

この大きさであれば小型犬でも食べやすいですね。

ドーナッツ形状も実はとても理想的なんです。

噛み砕きやすいことに加え、真ん中に穴があるのでもしも喉に詰まらせてしまっても呼吸が出来るという安全性もあります。

フード自体はやや硬めな印象なので、もしもワンちゃんが硬いフードを嫌がる場合にはふやかすなどすると良いでしょう。

 

賞味期限

カナガンドッグフードの賞味期限は未開封の状態で18か月となっています。

開封後は、1月から1月半を目安に使い切るようにしましょう。

これを過ぎてしまうと、酸化や風味の消失、湿気てしまうなどの影響が出てしまいワンちゃんの嗜好性が低下してしまう恐れがあります。

また、カナガンドッグフードは保存料を使用していませんので、保存方法には気を付ける必要があります。

 

カナガンドッグフードの保存方法

カナガンドッグフードは、ジップタイプの開閉式ですのである程度の保存効果は認められます。

それでもより効果的に保存する方法として、真空状態を保てる保存容器などに小分けにするのもおすすめです。

また、保管場所は直射日光や高温多湿を避けた場所にしてください。

間違った保存方法をしてしまうと、カビが発生したり品質悪化の恐れがあります。

大切なワンちゃんが口にするドッグフードですから、くれぐれも気を付けましょう。

 

カナガンドッグフードの口コミは怪しい?口コミを徹底調査

ドッグフードを決める時には、やはり口コミのチェックは外せませんよね。

実際にワンちゃんにカナガンドッグフードを与えてみた飼い主さんの生の声ですから、とても貴重な意見です。

また、実はカナガンドッグフードにはステマ疑惑があるんです。

果たしてその実態はどうなのでしょうか?

スペースの都合上全てをご紹介することはできませんが、ここでは悪い口コミと良い口コミ双方の代表的な意見をご紹介します。

カナガンドッグフードの購入を考えている方は、是非参考にしてみて下さい。

 

カナガンドッグフードは危険!?悪い口コミ・評価

まずは、悪い口コミからご紹介します。

カナガンドッグフードに寄せられた悪い口コミとはどんなものなのでしょうか?

 

便が緩くなった...というカナガンドッグフードの悪い口コミ・評判

犬種 年齢 評価
ミニチュアダックスフンド 4歳 ★★
うちの子にはカナガンドッグフードは合わないようです。切り替えてから、数日したら便がとてもゆるゆるの状態になってしまいました。始めは大丈夫だったのですが…。何か悪い状態が蓄積されていたのでしょうか?今は、昔のドッグフードに戻していますが…。定期購入したばかりなんですけど、もう止めようかと思っています。

 

本当に良いの?...というカナガンドックフードの悪い口コミ・評判

犬種 年齢 評価
ポメラニアン 3歳
カナガンドッグフードを与えていました。ランキングでは常に上位を占めているカナガンドッグフードですが、その効果は疑わしいところです。
我が家の愛犬は、カナガンドッグフードに替えてから涙やけをおこしましたからね。また、うんちが非常に臭くなったのも事実です。ステマ…本当なんじゃないかな?今はもう止めましたけどね。

 

わんこが太った...というカナガンドックフードの悪い口コミ・評判

犬種 年齢 評価
ゴールデンレトリバー 7歳 ★★★
うちのわんこは、カナガンドッグフードがお気に入りみたいです。美味しそうに食べていますから。それはそれで良いのですが、以前と比べて随分と体形が変わってしまいました。随分とデブチンになった…。量が多いのでしょうか?前のドッグフードよりは少ないはずですが…。

 

カナガンドッグフードの良い口コミ・評判

次に、カナガンドッグフードに寄せられた良い口コミを見てみましょう。

 

うちの子はカナガン大好き!というカナガンドッグフードの良い口コミ・評価

犬種 年齢 評価
パグ 5歳 ★★★★★
どうやらうちの子はカナガンが大好きみたいです。毎日カナガンだと飽きるのでは?そう思って他のドッグフードを与えてみましたが…。なんと食の細いこと。しまいには食べなくなってしまったので、カナガンに戻しました。いま、ガンガン食べてますよ。

 

健康になった!というカナガンドッグフードの良い口コミ・評価

犬種 年齢 評価
コーギー 7歳 ★★★★★
ドッグフードをカナガンに替えてから、うちの子の調子が良くなりました。よくお腹を下したりしていましたが、それも無くなり安定しています。食いつきが、とても良いので毎日の健康状態が一目でわかります。実査に健康状態も良好です。少々値段が高い気もしますが、うちの子が健康なら大した出費ではありません。暫くは、カナガン続けるつもりです。

 

食いつき抜群!というカナガンドックフードの良い口コミ・評価

犬種 年齢 評価
チワワ 4歳 ★★★★★
うちの愛犬は、カナガンには抜群に食いつきが良いですよ。慣れるまでは、ぬるま湯でふやかしていましたが、今はそのままバリバリといってます。よく便が緩くなったなどの口コミを見ますが、うちの場合にはそんな心配はありません。むしろ涙やけが改善されましたから、大大大満足です。出来れば…もう少し安いと助かりますが。

 

毛並みが良くなった!というカナガンドッグフードの良い口コミ・評価

犬種 年齢 評価
豆柴 8歳 ★★★★★
うちでは今カナガン2度目の購入となりました。うちのマメ柴の毛並みが悪くなり、よくよく見ると脱毛症も見られました。ネットで評判のカナガンに切り替えてみたところ、大正解だったようです。毛並みが良くなっただけでなく、円形脱毛も毛が生えてきました!美味しそうに食べるチビを見ていると嬉しくなります。勿論、今後も続けていくつもりです。

 

元気になってきた!というカナガンドックフードの良い口コミ・評価

犬種 年齢 評価
トイプードル 5歳 ★★★★★
うちの子は、皮膚アレルギーがあって毛並みも悪くみすぼらしく見えてしまっていたのですが、カナガンドッグフードに切り替えてから随分と変わりました。毛並みの改善は勿論ですが、排便なども良好ですこぶる元気になっています。もっと早くからカナガンドッグフードにしておけばと後悔もあります。カナガンに感謝ですね。

 

カナガンドッグフードの口コミまとめ

カナガンドッグフードに寄せられた「悪い口コミ」と「良い口コミ」をご紹介しました。

ご覧になっていただくとよく分かりますが、カナガンドッグフードに寄せられた口コミは極端に分かれますね。

 

悪い口コミまとめ

といった悪い口コミがある一方で...

 

良い口コミまとめ

といった真反対の良い口コミが存在します。

カナガンドッグフードに合うワンちゃんもいれば、合わないワンちゃんもいると言うところでしょうか。

食べないという問題に関しては、これまで人工的な手が加えられたドッグフードを与えていた場合には慣れるまでに時間がかかるようです。

カナガンドッグフードは自然素材から作られており、そのような手が一切加えられていませんから。

根気強く与えてみるのも良いかも知れませんね。

また、便が緩くなったという問題に関しては切り替えを急いだ可能性があります。

カナガンドッグフードのように栄養価が高いドッグフードに急に切り替えると、そのようなリスクも生じてしまうことがあるようです。

そして、太ったという問題に関しては給与量を見直してみると良いでしょう。

これらのことに気をつければ、悪い口コミは少し軽減されるかも知れませんね。

口コミとしては、悪いものやステマと思えるようなものも確かに存在しました。

あまりにも良い口コミや広告が目立ってしまうとそのような懐疑的な目が向けられるのかも知れませんね...。

ただ、それらも鑑みて最終的には飼い主さんが判断すべきことでしょう。

私としてはトータルで見るとカナガンドッグフードは良いドッグフードだと感じました。

実際に、うちのワンちゃんにもカナガンドッグフードを与えています。

 

カナガンドッグフードを実際にお試し│愛犬の体験談レビュー

カナガンドッグフードはこんな感じ

カナガンドッグフードは、こんな感じのパッケージになります。

落ち着いた印象を受けますね。

流石、イギリス直輸入だけあって表側は英語表記です。

しかし、裏側はきちんと日本語で表記されています。

これは「公正競争規約施行規則」でも表示義務(消費者が商品を選択する際の目安となる最小限の表示事項)があります。

カナガンドッグフードはきちんと対応していますね。
※例え輸入品であってもその義務は生じます。日本語表記が無いドッグフードには気を付けてください。

裏側には、原材料などの説明の他に「製造日・製造ロット・消費期限」なども印字されています。

製造日などは任意表示になりますが、このように印字されていると安心感を得られますね。

また側面を見てみますと、給与方法なども細かく表示されています。

これならエサを与えるたびにいちいち確認する手間が省けて助かります。

こんな些細なところにも、メーカーサイドのワンちゃんに対する愛情が伝わってきますよね。

中身はこんな感じです。

開封と同時にチキンの美味しそうな匂いが広がります。

ワンちゃんが食いつきたくなるのも納得です!

袋はジップ開閉式になっていて、開封後も高い密封性がありそうです。

粒はこんな感じ…。

1㎝ほどの小粒タイプで小型犬でも食べやすそうです。

ドライフードなのでやや硬めですが、ドーナッツ型になっているので嚙み砕きやすく、喉に詰まらせても呼吸が出来るので安心です。

結果的には消化も良くなるようです。

 

ワンちゃんの前に私が実食

それでは、実際に愛犬にカナガンドッグフードを与えてみましょう。

…とその前に、大切な愛犬に与えるものですから私も食べてみました。

カナガンドッグフードは人間でも食べられるほどに高品質な食材を使用しているので、問題はないようです。

触感では硬いと感じたカナガンドッグフードでしたが、実際に噛み砕いてみると想像以上に簡単に噛み砕くことが出来ました。

私で問題ないのですから、うちのワンちゃんなら問題ありませんね。

実際に食べてみると、とても薄い味付けなのに驚きました。

匂いからすると非常に濃厚な印象でしたが、意外に薄味でした。

塩分などの取りすぎには注意が必要ですが、カナガンドッグフードなら大丈夫そう!

これならうちのワンちゃんにも安心してあげられます。

また、新たな発見もありました。

噛んでいくと、香りが一層引き立ってくるのです。

噛めば噛むほどに芳醇な香りが口いっぱいに広がります。

ワンちゃんの食いつきが良くなるのもますます納得です!

私が食べてみた感じでは、カナガンドッグフードは特に問題ありませんでした。

早速ワンちゃんにも与えてみましょう。

 

カナガンドッグフードに対するワンちゃんの反応

私が実食をしている傍で、うちのワンちゃんは興味津々で見つめていました。

美味しそうな匂いが周りに立ち込めているのですから当然ですよね。

「早くちょーだい!」

そう言ってるのが分かります。

目の前にカナガンドッグフードを置くや否や、最初は戸惑いつつも…

あっという間に残さず食べ切ってしまいました。

暫くは今までのドッグフードと併用して与えていましたが、今ではカナガンドッグフードだけを食べるようになっています。

うちの場合は、1週間程度での切り替えでしたね。

よくペットフードの切り替え時にはお腹の調子を悪くすることがあると聞きましたが、うちの子の場合それはありませんでした。

また、カナガンドッグフードにすると太る…なんて口コミもありましたが、それも特に気になりませんでした。

恐らく、給与量をきちんと管理しておけば大丈夫なのではないでしょうか?

結論としては、うちのワンちゃんはカナガンドッグフードを好んで食べています。

ですので暫くは与え続けようと思っています。

うちの子の為にもね。

私としては、カナガンドッグフードは非常に良いドックフードだと思います!

 

愛犬に与えて気づいた点

最後に、カナガンドッグフードをワンちゃんに与えて気付いたことをお伝えしておきます。

うちの子の場合は大丈夫でしたが、もしかしたら子犬やシニア犬の場合には粒が硬いと感じることがあるかも知れません。

その場合には、ぬるま湯でふやかしてあげると良いようです。

 

カナガンドッグフードの最安値は?公式・楽天・Amazonを比較

カナガンドッグフードを購入するのであれば、出来れば安価で購入したいところですよね。

ここでは、大手通販サイトである「楽天市場」と「Amazon」そして「カナガンドッグフード公式サイト」で購入価格を比較してみました。

果たして、カナガンドッグフードの場合にはどこで入手するのが一番お得なのでしょうか?

楽天市場

現時点において楽天市場で「カナガンドッグフード」で検索をしてみましたところ、複数の掲載がありました。

その中でも最安値は次になります。

●カナガンドッグフード チキン(2kg)…5,980円 送料無料

 

Amazon

同じくAmazonで「カナガンドッグフード」で検索をしてみましたところ、複数掲載がありました。

その中でも最安値は次になります

●カナガン ドッグフード チキン (2kg) …¥5,060 (¥3/g) 通常配送料無料

 

公式サイト

それでは、「カナガンドッグフード公式サイト」はどうなのでしょうか?

公式サイトでは、まず通常定価で3,960円となります。

こちらは送料640円が必要となります。

やはりカナガンドッグフードを入手するのであれば、公式サイトが最も安価となることが分かりますね。

さらに、公式サイトならではの強みもあります。

それが「定期コース」です!

 

カナガンドッグフード定期コース

“毎日欠かさず理想的なフードをあげたい!”

そんな愛犬家の願いを叶えるために作られたのが、便利でお得な定期コースです。

<定期コースメリット>

まずは、やはり割引ですよね。

毎回1個なら通常価格3,960円のところが10%オフの3,564円、2個以上なら15%オフとなる3,366円、6個以上なら20%オフとなる3,168円での購入が可能なんです。

しかも、お届けの周期と個数を自由に設定できることから、ワンちゃんとの兼ね合いで割引率のアップや送料(代引き手数料)などを軽減することも可能です。

また、気になる回数縛りも存在しませんので申し込みはしやすいですよね。

結論!

カナガンドッグフードを購入するのであれば、公式サイトの便利でお得な定期コースで決まりです!

 

定期コースの解約方法

カナガンドッグフードの定期コースを解約する場合、どのような手続きをする必要があるのでしょうか?

回数縛りが無くて何時でも解約出来るから安心…とは言え、その解約方法を知っておかないと不安ですよね。

ここでは、そんな定期コースの解約方法をご紹介します。

 

定期コースを解約するには

定期コースの解約方法は至って簡単です!

次回お届け日の7日前までに、お電話またはお問い合わせフォーム、マイページから連絡を入れるだけです。

電話

0570-200-012(営業:平日11:00~18:00/土日祝休)
※ここで解約の旨を伝えれば大丈夫です。

問い合わせフォーム

https://www.laetitienpet.com/contact

「定期コースのご変更」を選択して、商品名と停止または解約の連絡をしてください。

マイページ

https://laetitienpet.com/login/input

マイページから電話番号とEメールアドレスを入力してログインします。

次に「定期コースのご利用状況」の詳細画面から定期解約をクリックします。

「定期コース解約」の「解約理由」を選択し必要事項を記入して、解約するをクリックしてください。

以上で終了です。

どうですか?簡単ですよね。

ただ、次回配送予定日の「7日前まで」は忘れないでください!

少しでも遅れますと、中止がその次からとなってしまいます。

もし中止の連絡を入れるのであれば、少し余裕を持つのが良いでしょう。

 

カナガンの100円お試しモニター

インターネットなどを見ている時に、「あれ?」と思った方もいらっしゃるかも知れませんね。

たまに「カナガンドッグフード100円モニター募集」の広告が目に入ることがあります。

実は、カナガンドッグフードでは不定期にこのWEB限定の100円モニター募集が行われています。

 

100円モニターは先着1000名

お試しで1食分を…と言ったところでしょうか。

不定期なので狙って申し込むのはなかなか難しいようですが、注意しておくと良いかも知れません。
※あくまでもご参考までに!

 

カナガンドッグフードは店舗で買える?販売店情報

カナガンドッグフードの口コミと効果

カナガンドッグフードを店頭で実際に見てから購入したい!

そのようにお考えの方も多いかも知れません。

ペットショップであれば、直接店員さんに聞くことも出来ますしね。

しかし、残念ながらカナガンドッグフードは店頭での販売はされていません。

そこには、流通にかかるコストや日数を軽減し、手軽な価格で新鮮なものを届けたい…そんなメーカーサイドの意向があるようです。

また、直接飼い主さんと繋がることで購買状況(何時・誰に・どれくらい)を把握することが出来ます。

そうすることで、大切なワンちゃんに対する相談や問い合わせにも迅速かつ正確に答えることが出来るのだとか…。

カナガンドッグフードの店頭購入は出来ませんが、ここはメーカーサイドの心意気を理解しておきましょう。

 

カナガンドッグフードへの正しい切り替え方や与え方

詳細は後述しますが、カナガンドッグフードは非常に栄養価の高い優れたドッグフードです。

しかし、それ故に気を付けなければならないことがあるのも事実です。

その気を付けなくてはならないことと言うのが…。

カナガンドッグフードのような栄養価の高いドッグフードに急に切り替えると、ワンちゃんの体内で変化が起こってしまうことがあります。

消化器官が新しいドックフードに対応しようとして、体調を崩してしまう危険性があるのです。

先ほどご紹介した口コミの中で「愛犬のお腹の調子が良くない。」「便が緩くなった。」「愛犬が太った。」などの事例がありました。

勿論全てとは申しませんが、これらの場合において次に挙げる注意点についてうっかりしていた…なんていう事も少なくないようです。

そのようにならないためにも、もしカナガンドッグフードを与えるなら次の点をしっかりと認識しておきましょう。

 

カナガンドッグフードへの切り替え方

今のドッグフードからカナガンドッグフードへと切り替えを行う場合には、慎重に行わなくてはいけません。

いきなり食事を切り替えてしまうと、ワンちゃんによっては警戒して食欲を無くしてしまったり、体調を崩してしまう危険性も考えられます。

次のポイントに注意して、ゆっくりと切り替えを行いましょう。

 

ドッグフード切り替え時のポイント

 

切り替え例…10日間

10日間の切り替え例

●1日目…既存フード90%:カナガンドッグフード10%
●2日目…既存フード80%:カナガンドッグフード20%
●3日目…既存フード70%:カナガンドッグフード30%
●4日目…既存フード60%:カナガンドッグフード40%
●5日目…既存フード50%:カナガンドッグフード50%
●6日目…既存フード40%:カナガンドッグフード60%
●7日目…既存フード30%:カナガンドッグフード70%
●8日目…既存フード20%:カナガンドッグフード80%
●9日目…既存フード10%:カナガンドッグフード90%
●10日目…既存フード0%:カナガンドッグフード100%

このように、少しずつカナガンドッグフードの割合を増やして行きましょう。

ただ、これはあくまでも目安イメージです。

ワンちゃんによっては切り替えの期間を長めにした方が良い場合もあるでしょう。

あくまでもワンちゃんの様子を見ながら行ってください。

もしも下痢や軟便など症状が見られたら、無理をせずに以前のドッグフードに戻すのも一つの手ですよ。

ワンちゃんの体調が落ち着いたところで、再びチャレンジすれば良いのです。

また、再チャレンジでも同じような結果であれば、残念ながらカナガンドッグフードへの切り替えは諦めた方が良いかも知れません。

カナガンドッグフードのようにタンパク質や脂質が高く含まれているドッグフードの場合、ワンちゃんによっては元々の相性が悪い可能性もあります。

そのような場合は、同社で販売されているタンパク質や脂質が低く抑えられたモグワンなどを試してみてはいかがでしょうか?

 

カナガンドッグフードの与え方「成犬の場合」

カナガンドッグフードに対する悪い口コミの中で「ワンちゃんが太った…」と言うものがありました。

これは、エサの適切な給与量に関係してくるとも考えられます。

ワンちゃんには個体差(犬種・大きさ・年齢・行動・代謝・住環境など)があり、適切な給与量もそれぞれ異なるのです。

ここでは目標となる給与量をご紹介しておきますので、様子を見ながら調整を行いワンちゃんの適切な給与量を見つけてください。

 

成犬の場合の1日の給与量

成犬の1日の給与量

●体重が1~5 kgの場合では「35~80g」
●体重が5~10 kgの場合では「84~140g」
●体重が10~15 kgの場合では140~190g」
●体重が15~20 kgの場合では「190~235g」
●体重が20~25 kgの場合では「235~275g」
●体重が25~30 kgの場合では「275~315g」
●体重が30~35 kgの場合では「315~360g」
※ワンちゃんの体型によっても調整が必要です。

太り気味なら目安から10%程度減らし、痩せ気味なら反対に10%程度増やすと良いでしょう。

 

カナガンドッグフードの与え方「子犬の場合」

カナガンドッグフードは安全で栄養価の高いドッグフードです。

勿論、子犬に与えても問題ありません。

しかもカナガンドッグフードは小粒なので、生後間もない子犬にも安心して与えることが出来ます。

成長期の子犬に必要な栄養素がふんだんに含有されていることから、むしろ子犬には与えておきたいところです。

ただし、子犬の場合には成犬時の大きさ(体重)によって給与量の目安が異なります。

次の給与量を参考目安として適宜調整してみてください。

※子犬の場合には、成長が著しく生後わずかな期間で給与量が変わります。
※成長期である子犬時代には少し多めに与えると良いでしょう。特に成長著しい6か月程度がピークとなります。
※成長には、個体差がありますのでワンちゃんの成長の様子を見ながら徐々に成犬の給与量へと切り替えていきましょう。

 

子犬の場合の1日の給与量

成犬時の体重が1~5 kgの場合

・2~3か月では「60~70g」
・4~5か月では「80~90g」
・6~7か月では「90~100g」
・8~9か月では「80~90g」
・10~11か月では「60~70g」
・12~13か月では「成犬と同量」
・14~15か月では「成犬と同量」

成犬時の体重が5~10 kgの場合

・2~3か月では「140~150g」
・4~5か月では「160~170g」
・6~7か月では「170~180g」
・8~9か月では「160~170g」
・10~11か月では「150~160g」
・12~13か月では「140~150g」
・14~15か月では「成犬と同量」

成犬時の体重が10~15 kgの場合

・2~3か月では「160~170g」
・4~5か月では「180~190g」
・6~7か月では「200~210g」
・8~9か月では「200~210g」
・10~11か月では「180~190g」
・12~13か月では「170~成犬と同量」
・14~15か月では「成犬と同量」

成犬時の体重が15~20 kgの場合

・2~3か月では「200~210g」
・4~5か月では「220~230g」
・6~7か月では「240~250g」
・8~9か月では「240~250g」
・10~11か月では「220~230g」
・12~13か月では「210~成犬と同量」
・14~15か月では「成犬と同量」

成犬時の体重が20~25kgの場合

・2~3か月では「290~300g」
・4~5か月では「310~320g」
・6~7か月では「330~340g」
・8~9か月では「330~340g」
・10~11か月では「310~320g」
・12~13か月では「300~成犬と同量」
・14~15か月では「成犬と同量」

成犬時の体重が25~30kgの場合

・2~3か月では「350~360g」
・4~5か月では「370~380g」
・6~7か月では「390~400g」
・8~9か月では「410g」
・10~11か月では「390~400g」
・12~13か月では「370~380g」
・14~15か月では「350~360g」

成犬時の体重が30~35kgの場合

・2~3か月では「400~410g」
・4~5か月では「420~430g」
・6~7か月では「440~450g」
・8~9か月では「460g」
・10~11か月では「440~450g」
・12~13か月では「420g」
・14~15か月では「400~410g」

※後述する「カナガンドッグフードの電話番号・お問い合わせ」先では、飼い主さんのお悩みや質問に答えてくれます。

子犬の場合にはこちらに相談するのも良いかも知れません。

 

カナガンドッグフードを与える回数

カナガンドッグフードの1日あたりの給与量は前述の通りです。

ここでは、1日に何回に分けて与えるのが良いのかを見てみましょう。
※こちらもあくまでも参考目安です。

ワンちゃんの様子を見ながら調整してください。

 

子犬の場合

子犬の場合には、次のように細かく回数を分けると良いでしょう。

 

成犬の場合

成犬の場合には、基本的に食事は1日に2回(朝と夜)が理想です。

 

老犬の場合

老犬の場合には、1日の食事を3~4回にしましょう。

これは、加齢とともに消化器官が衰えて来るので、回数を分けることで消化器官の負担を減らすことを目的としています。

また、もしも歯が弱くなっていたり本数が少なくなっているような場合には、カナガンドッグフードをぬるま湯でふやかして与えると良いでしょう。

 

カナガンドッグフードの全成分

大切なワンちゃんたちからも、それらを支える多くの愛犬家の方々からも人気のカナガンドッグフード。

何故それほどまでに愛されるのか...?

それは、非常に栄養価の高いドッグフードであるからですね。

ここでは、その秘密となるカナガンドッグフードの成分を見てみましょう。

 

原材料

原材料

チキン生肉(骨抜き)・乾燥チキン・サツマイモ・エンドウ豆・ジャガイモ・エンドウ豆タンパク・アルファルファ・チキンオイル・乾燥卵・チキングレイビー・サーモンオイル・グルコサミン・メチルスルフォニルメタン(MSM)・リンゴ・ニンジン・ホウレンソウ・オオバコ・海藻・フラクトオリゴ糖・コンドロイチン硫酸・カモミール・セイヨウハッカ・マリーゴールド・クランベリー・アニス・コロハ・ミネラル類(鉄、亜鉛、マンガン、銅、ヨウ素、セレン)・ビタミン類(A、D3、E)

 

成分

タンパク質 29%以上
脂質 15%以上
粗繊維 5.25%以下
灰分 11.25%以下
水分 9%以下
オメガ6脂肪酸 2.8%
オメガ3脂肪酸 0.9%
カルシウム 1.86%
リン 1.42%
エネルギー(100gあたり) 376kcal

このようになっています。

次項より、その特徴・こだわりの成分についてご紹介します。

 

グレインフリー

カナガンドッグフードは、グレインフリー…つまり「穀物不使用」と言うことになります。

本来犬は肉食の動物です。

人間と生活をするうちに雑食系に変化していきましたが、実際には今でも小麦やトウモロコシなどの穀物類の消化・吸収は苦手なようです。

これは、ワンちゃんの体内ではデンプンを分解する「アミラーゼ」が分泌されないことによるとのことです。

しかし残念なことに、一般的なドッグフードにはこの穀物類が使われるケースが多くあります。

そうなると、知らず知らずのうちに大切なワンちゃんには負担がかけられているということになってしまうのです。

その点、穀物を一切使用しないグレインフリーのカナガンドッグフードなら安心ですね。

ただ、穀物を無くしてしまうと炭水化物の摂取が出来なくなってしまいます。

そうならないように、カナガンドッグフードではサツマイモを使い炭水化物源とすることに加え、腸内環境をサポートしています。

ワンちゃんのことを考え、本当に必要なものだけを厳選したカナガンドッグフードは、安全で健康的なドッグフードと言えるのではないでしょうか。

 

良質なタンパク質

前述のように、本来犬は肉食の動物です。

それなのに肉の割合が少ない食事を与えていると、身体に与える悪影響の心配がありますよね。

もしかすると、ワンちゃんの食が細かったり喜んで食事をしていないのはその辺りに原因があるのかも知れません。

つまり、大切なワンちゃんには上質な肉を使った「本来ワンちゃんが必要とする食事」を与える必要があるのです。

カナガンドッグフードには、豊富なビタミン群にリンなどの栄養素も詰まっており、しかも消化にも非常に良いのです。

また、主原料はストレスフリーの放し飼いチキンの良質なタンパク質源です。

チキンはワンちゃんが大好きなお肉です。

それをふんだんに使ったカナガンドッグフードですから、ワンちゃんの食いつきが良いのは納得ですね。

 

必須脂肪酸が豊富

カナガンドッグフードには、ワンちゃんの健康維持に欠かせない必須脂肪酸も豊富に含有されています。

特に近年注目が高いのが「オメガ3脂肪酸」と「オメガ6脂肪酸」です。

この「オメガ3脂肪酸」と「オメガ6脂肪酸」は、ワンちゃんの体内では合成できない必須脂肪酸の一つになります。

「オメガ3脂肪酸」には、「α-リノレン酸」なども含まれていて、EPAやDHAに変換されることでワンちゃんの健康維持に役立っています。

カナガンドッグフードにはそれだけでなく「EPA」や「DHA」が豊富に含まれるサーモンオイルも含有されています。

体内生成が出来ない必須脂肪酸が豊富に含まれるカナガンドッグフード。

ワンちゃんの健康維持には必要だということが分かりますね。

 

健康維持に最適なハーブ類も豊富

カナガンドッグフードの特徴の一つにハーブ類が使われていることが挙げられます。

ハーブには消化を助けるなどの様々な効果もありますし、それ自体が良質な栄養源でもあります。

また、香りを良くすることでワンちゃんたちの食欲を促進させることにも効果があるようです。

 

カナガンドッグフードに含有されるハーブ類

 

関節をサポートする成分が豊富

ワンちゃんは加齢とともに関節が弱くなってきてしまいます。

そうなると、関節に関係する病気やケガなどの心配は避けられません。

そうならないためにも、栄養源などから関節にかかわる栄養補給をしておく必要があります。

 

関節に関係する栄養素

関節に関わる栄養素としては次の3つ成分が重要になります。

カナガンドッグフードには、これらの栄養がそれぞれ「グルコサミン(1000mg/kg)」「コンドロイチン(700mg/kg)」「メチルスルフォニルメタン(1000mg/kg)」と豊富に含有されています。

シニア犬は勿論、子犬の頃からカナガンドッグフードを与えておくことで関節トラブルのリスクの軽減に効果的に働きかけてくれるのです。

 

カナガンドッグフードの厳選食材

成分関連の最後に、一応厳選食材についてもご紹介しておきましょう。

 

高品質チキン

犬は本来肉食の動物でした。

そして、現代でも肉食傾向の強い雑食でありお肉が大好きなんです。

カナガンドッグフードは、原材料の50%以上がチキンと言う高タンパクで栄養価の高いものになっています。

しかも!

前述のように、カナガンドッグフードに使われているチキンはストレスを感じないように放し飼いで育った高品質なものです。

さらに、旨味成分がたっぷりなチキングレイビーを使っているので美味しさが格段にアップされています。

チキンが大好きなワンちゃんたちの食いつきが良いのも当然ですよね。

 

サツマイモ・エンドウ豆・ジャガイモ

カナガンドッグフードは、安心のグレインフリーであることは前述の通りです。

しかし、それだけでは炭水化物が不足してしまいます…。

それを補いつつも、ゆっくりと消化されワンちゃんの身体に優しい上質な食物繊維源となるのが「サツマイモ・エンドウ豆・ジャガイモ」なんです。

またサツマイモには豊富な食物繊維やガングリオシドが、ジャガイモにはクロロゲン酸が含まれていますから、健康促進には期待出来ますね。

 

サーモンオイル

サーモンオイルには、EPAやDHAなどワンちゃんの体内では生成されない必須脂肪酸「オメガ3脂肪酸」が豊富に含まれています。

ワンちゃんの健康を考えるにはこのサーモンオイルも大切な食材と言えるでしょう。

 

海藻

海藻には、前述の必須脂肪酸「オメガ3脂肪酸」の他にも、ワンちゃんの身体に必要なヨウ素などのミネラル類も豊富に含まれています。

 

リンゴ・ニンジン・ホウレンソウ・クランベリー

これら野菜とフルーツを配合することで、ビタミンにミネラルを供給することが可能になっています。

 

カモミール・セイヨウハッカ・マリーゴールド

これらハーブ類は、前述のようにワンちゃんの健康維持に効果的に働きかけてくれます。

また、身体環境を整えてくれる効果も期待出来るようです。

このようにカナガンドッグフードには、ワンちゃんの健康維持に欠かすことの出来ない栄養素がたくさん含有されています。

愛犬家の中には、栄養素を供給するためにワンちゃんにサプリメントを与えている方もいらっしゃるようですね。

カナガンドッグフードならサプリメントの必要性はありません。

このように豊富な成分からも、ナガンドッグフードの素晴らしさをご理解いただけるのではないでしょうか。

 

カナガンドッグフードに危険な副作用はない?

カナガンドッグフードの口コミと効果

さて、大切なワンちゃんに与えるドッグフードですから、気になるのはその安全性です。

カナガンドッグフードには危険な副作用などの心配はあるのでしょうか?

前述の「原材料」と「成分」を見る限り、カナガンドッグフードには危険とされるようなものは含有されていないと思われます。

むしろ、栄養価の高い健康的な優れたドッグフードと言えるでしょう。

ただ、残念ながら悪い口コミにもあったように、「太った」や「お腹の調子が悪くなった」などの事例があるのも事実です。

これらは、栄養価が高いカナガンドッグフードを適量以上に与えていたり、ドッグフードの切り替えを急激に行ってしまったなどの原因があるのかも知れません。

このあたりは、飼い主さん側が気を付ける必要がありますね。

 

カナガンドッグフードの安全性…その1「成分」

前述のようにカナガンドッグフードに含有される成分には、危険と思われるものはありません。

しかも!

となっています。

グレインフリーは前述しましたが、それ以外にも危険性を伴う添加物や遺伝子組み換え食材が使われていないのは愛犬家にとってはありがたいところですよね。

また、食材そのものも人間が食するのと同等レベルとなる高品質なものとなっています。

このようなことからも、カナガンドッグフードの安全性が裏付けられますね。

 

カナガンドッグフードの安全性…その2「徹底した品質管理」

カナガンドッグフードの安全性は、食材や成分だけではありません。

製造工程および品質管理においても徹底的に管理させているのです。

 

厳しい基準をクリアした工場での製造

カナガンドッグフードは、ペット先進国となるイギリスのペットフード専門工場で製造されています。

その製造工場は欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)による厳しい基準をクリアしていて、イギリス国内でも特に高く評価されています。

ここでは、安心・安全の製造・品質管理体制が敷かれ、品質へのあくなき追及が日々実施されています。

<監視体制>

製造ラインは、常時モニタリング監視されています。

また、専門の品質管理官が常駐していて最新技術を駆使した厳しいチェック体制が敷かれています。

まずは食材チェックです。

カナガンドッグフードに使われる原材料は、それぞれの仕入れ先から工場に到着した時点で品質テストが行われます。

このテストに合格しなければ、生産ラインへと食材が回されることはありません。

続いて、製造された品質チェックです。

生産ラインから製造されたカナガンドッグフードは、パッキングの前に専用の機械でスペクトラム分析が行われます。

この時に、事前に登録されたデータと差異がないかを確認されるのです。

こうして厳しいチェックを無事に通過したカナガンドッグフードだけが商品として流通することになります。

なお、パッキングされたカナガンドッグフードの袋には一つ一つ製造番号が記されます。

これにより、製造日は勿論ですが原材料の詳細までもがチェック出来るようになっているのです。

ここまで徹底した安全対策を施しているカナガンドッグフードだからこそ、安心して大切なワンちゃんへ与えられる!

そう納得してしまいますね。

 

カナガンドッグフードとモグワン・ナチュロルを徹底比較!どれがおすすめ?

カナガンドッグフードと同じように優秀なドッグフードとしてよく名前があがるものに「モグワン」「ナチュロル」があります。

モグワンは、カナガンドッグフードと同じメーカー「株式会社レティシアン(原産国:イギリス)」ですが、ナチュロルは「楽しい製薬株式会社(原産国:日本)」の商品になります。

ここでは、この3つのドッグフードを比較してみたいと思います。

 

カナガンドッグフード

 

モグワン

 

ナチュロル

「無添加」「国産」「グレインフリー」の3つが揃ったドッグフードになります。

国産にこだわりたい飼い主さんにはおすすめですね。

アレルギー性のあるワンちゃんにも優しい「タピオカ」や、シニア犬の目に優しい「紫さつまいも(豊富なアントシアニン)」など厳選素材にこだわっています。

こうして見てみるとそれぞれに長所がありますし、ワンちゃんによって相性があることから甲乙はつけにくいところでしょう。

ただ、評価基準がないナチュロルは少々減点対象であり、価格面でもやや割高感を感じてしまいます...。

カナガンドッグフードとモグワンはもはや甲乙がつけられませんが、価格面でややカナガンドッグフードに軍配が上がりそうですね。

ここでは、カナガンドッグフード・モグワン・ナチュロルの順番をあえて付けますが、視点を変えれば全く反対の結果にもなり得るでしょう。

 

カナガンドッグフードの販売会社は「株式会社レティシアン」です

 

カナガンドッグフードの電話番号・お問い合わせ

カンガンドッグフードに関するお問い合わせは、販売会社「株式会社レティシアン」に電話およびメールで行うことが可能です。

電話によるお問合せ

電話番号: 0570-200-012
※平日11:00~18:00 土日祝休み

メールによるお問合せ

お問合せフォームURL: https://www.laetitienpet.com/contact

なお、担当者はペット栄養管理士やホリスティックケアカウンセラーなどペットに関する有資格者になります。

これなら安心してご相談出来ますね。

お気軽にご連絡してみてください。

 

カナガンドックフードシリーズ

今回ご紹介しているカナガンドッグフード(チキン)には、これ以外にも同シリーズとして2種のドッグフードと1種のおやつがあります。

ここで、簡潔にそれらシリーズをご紹介しておきます。

 

カナガン チキン ウエットタイプ

カナガンドッグフード(チキン)ウエットタイプの缶詰です。

これには、骨抜きチキン生肉(65%)が使われていて高級品になります。

ウエットタイプなのでシニア犬にもおすすめ出来ます。

ワンちゃんの特別な時や何かのご褒美の時などには良いかも知れませんね。

※3缶セット3,200円

 

カナガンデンタルドッグフード

カナガンデンタルドッグフードは、シリーズ最新のアイテムでワンちゃんの健康を一番に考えて作られました。

口内環境の改善に効果的と言われるサプリ「プロデン・プラークオフ」が配合されています。

※1袋(2㎏)4,980円

 

カナガンドッグビスケットサーモン

サーモンがたっぷりと入ったヘルシーなおやつです。

勿論、糖質も控えめでダイエット中のワンちゃんでも問題ありません。

※1袋(150g)1,700円

 

結論!カナガンドッグフードはチキンが50%も配合されたわんちゃんに嬉しいドッグフードです

今回、カナガンドッグフードについて色々とお話をさせていただきました。

確かに、ワンちゃんよってはカナガンドッグフードが良いドッグフードとならないケースもあるかも知れません。

しかし栄養面や安全面などを見てみると、やはり話題になるだけのことはある秀逸なドッグフードと言えるのではないでしょうか?

チキンが50%以上というのはやはり流石ですよね。

高タンパク・高脂質に関節サポート成分も含まれているのですから、カナガンドッグフードの良さが理解できます。

・広告が過大評価
・値段が高い
・体調が悪くなる

これまでカナガンドッグフードに対してマイナスのイメージが向けられていたのも事実です。

しかし!

こう考えてみると、誤解と言えるものも中にはあるのかも知れませんね。

もしも本当にワンちゃんの為を思うのなら、カナガンドッグフードは一度与えてみたい良質なドッグフードと言えるでしょう。

便利な定期コースもあります。

この機会に、お宅のワンちゃんにもカナガンドッグフードを試してみてはいかがでしょうか?

© 2021 カナガンドッグフード 口コミ